×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽光発電の耐用年数はどのくらい?


葉酸の効果とおすすめの葉酸サプリについて記しています。

太陽光発電の耐用年数はどのくらい?

太陽光発電の耐用年数はどのくらいかというと、9年です。

え?短くない?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、太陽光発電は、大体20年〜25年くらいもつと言われています。

かなりもって35年くらいでしょうか。

ただ、10年目くらいから、故障がチラホラと見つかりだす確率が高くなります。

そして、パワーコンディショナの寿命が、10年〜15年と言われています。

パワーコンディショナは、8年目位から故障が出てくる確率が高くなるのです。

10年以内で故障や異常が発見された場合、メーカー保証が最低でも10年間はあるので、その保証で修理・交換してもらえます。

太陽光発電は、必ず経年劣化していくものですので、異常がなくても、定期的な点検を受けなければいけません。

定期的に点検する事で、故障を防ぐ事ができる場合があります。

保証期間が過ぎてからだと、修理・交換の費用を負担しなくてはいけません。

パワーコンディショナの場合だと、かなり高額になります。

もし、点検に費用がかかったとしても、必ず定期的に点検してもらうことをオススメします。


ページの先頭へ